車 売却 名義変更

車の名義変更とは?

自動車を所有するためには、「所有者」を自分の名義にしておく必要があります。

 

自動車ローンを組んで自動車を購入する場合は「使用者」扱いですが、「リサイクル料金の負担など、車の維持に必要な諸諸の費用はすべて自分で負担することになります。

 

こういう場合は特別ですが、車の売買をするときは、何かとトラブルのもとにもなり兼ねないので、速やかに車の名義変更手続きをするようにしましょう。

名義変更の必要書類とその重要性

車の名義変更に必要な書類として「自動車検査証(車検証)」がありますが、これは、自動車に関する諸手続きのためにも重要な書類です。

 

任意保険への新規加入や車両入替をするときにも、車検証は自賠責保険証とともに提示して内容確認する必要があります。

 

また、自動車税の納税義務は毎年4月1日午前0時が基準になりますので、その時期が迫っている人は、速やかに変更しましょう。
ここを過ぎると、納税義務が発生します。
もし、廃車にする予定の車や、売却しようとお考えの方は、3月中の売却並びに手続き完了がおすすめです。

 

そのほか、身体障害者手帳所有者が自動車税の減免申請をするときなど、車の名義変更ができていないといろいろな不都合が生じてきます。
そのような理由からも、名義変更手続きは確実に行いましょう。

 

参考までに、車を買取業者に売却する場合、名義変更手続きはほとんど代行してもらうことができます。

 

名義変更前の査定の必要性

個人で自動車の売買をするときは、事前に専門家による査定を受けておくと、後々のトラブル回避にもつながります。

 

その場合、一箇所だけでなく、一括査定サイトを利用すると複数の見積もり金額がわかるので相場を知るための有益情報としてお勧めです。

 

車検証のタイプによって違う名義変更手続き

平成20年11月から、一般的な「Aタイプ車検証」と、リース会社が所有する「Bタイプ車検証」の2種類に分かれています。

 

「Bタイプ車検証」の場合、名義変更に必要な書類についての詳細は、リース会社に照会してください。