車 売却 中古自動車査定士

中古自動車査定士とは?

自動車関係の資格のひとつに「中古自動車査定士」があります。

 

これは「財団法人日本自動車査定協会」による民間資格で、「国土交通省」「経済産業省」の指導のもと成り立っているものです。

 

この資格があると、査定が難しい中古車の売買を適性に行うことができるため、資格の有用性が注目されています。

 

中古自動車査定士には、普通運転免許保有者以上が受験できる「小型車査定士」と、大型第1種運転免許以上が必要な「大型車査定士」の2種類があります。

 

さらに、自動車の販売もしくは整備の経験半年以上の経歴があることと、協会所定の3日間の研修を修了することは中古自動車査定士になるための必要条件です。

中古自動車査定士は信頼できる資格か?

中古車の売買価格は、売買する双方の条件によっていろいろ違ってきます。

 

そんなとき、中古自動車査定士の資格があると、公正な立場で中古車の査定に当たることができ、売買取引を円滑に進めることができます。
というよりも、中古自動車査定士の査定を依頼して受けるのが早いですね。

 

 

また、中古車の流通過程すべての場において活用できる、大変重宝な資格だといえます。

 

特に、中古車の海外貿易がさかんになっていますので、この資格保有者による適性査定によって、輸出車の信頼性を高めることにも一役買っています。

中古自動車査定士と出張一括査定

中古車の一括査定ができるサイトがあり、車の売却を考えている人にとっては興味の対象になります。

 

一括査定の方法は、車の初度登録年や型式などを入れるだけの簡単なものから、ある程度の個人情報が必要なものなど、サイトによってもいろいろです。

 

ただし、具体的な査定から実際に車を売却するためには、直接、車をみた後に具体的な交渉が行われます。
ここで活躍しているのが、中古自動車査定士。

 

査定も中古自動車査定士が出してくれる査定額なら安心できますし、車の売却には欠かせませんね。