車 売却 車検証

自動車検査証(車検証)とは?

車を動かすために絶対必要なものとして、「自動車検査証」(以下、車検証)があります。

 

車検証は、車検をはじめ、なんらかの手続きをするためには、もっとも必要な重要書類ですので、ダッシュボードなど、常に車に掲載しておく必要があります。

 

もちろん、自賠責保険証書も重要書類ですので、車検証と同じケースに入れて保管しておきましょう。

自動車検査証(車検証)はどんな時に使うの?

なぜ、このようなことをするかというと、車検証は車検を受けるときなど車の型式などの状態を確認するための元になるからです。
もちろん車の査定時にも、実際に売却する際にも必要です。

 

また、車検時には自賠責の継続加入も行いますので、車検証といっしょに保管しておくと便利です。

 

車検証の記載事項のうち、「所有者」と「使用者」が別々の場合、車に関する各種の手続きをするとき、両者の関係書類が必要になりますので注意してください。
たとえば、引越しに伴う住所変更「変更登録」は、使用の本拠地、つまり、新しい住所地の管轄陸運支局(軽自動車は軽自動車検査協会)で手続きをすることになります。

 

ただし、本人が手続きできない場合は「委任状」があれば代行可能ですので、忙しくて出向けない人は代理業者の利用もひとつの方法です。

 

また、車の一括査定を利用するときも、このようなサービスの有無について確認しておくといいですね。

自動車検査証(車検証)を紛失した時は?

車検証は、常時、車に積載しておくものですが、万一、紛失や破損、盗難に遭ったときは、速やかに再発行の手続きをしてください。

 

車検証は、車にとって大切な身分証明書の役割をもっていますので、車検証なしで公道を走ること自体、触法行為になるからです。

 

また、いくら公道を走ることがない車でも、売却時には必ず必要なので、再発行が必要ですね。